美白効果の他に抗酸化作用のある成分って?

 

美白もしたいし、シミも気になる…。でもエイジングケアもしていきたい!

 

という方は多いと思います。

 

そんな方には、美白効果+エイジング効果もある成分が配合されている化粧品を使用されることをおすすめします(*^_^*)

 

 

美白効果+エイジング効果、両方を兼ね備えた成分

 

ビタミンC誘導体

 

美白作用の他に、抗酸化作用抗炎症作用があります。

 

肌を酸化させて老化を招く活性酸素を消してくれる働きがあります。
また、コラーゲンの生成をサポートするので、シワやニキビ跡にも有効な成分です。

 

 

カテキン

 

お茶の成分。

 

美白効果の他に、抗酸化・老化防止効果、保湿効果、収れん(毛穴を引き締める)効果、日焼け予防効果があります。

 

 

リコピン

 

トマトに含まれる赤い色素成分。

 

メラニンの生成を抑えるなど美白効果もありますが、大変強い抗酸化作用があります。
また、紫外線を浴びると肌に生まれる活性酸素を除去します。

 

 

レスベラトロール

 

ぶどうの皮などに含まれるポリフェノールの一種。

 

美白効果の他に、活性酸素を除去します。
また、シワ改善効果があります。

 

 

アスタキサンチン

 

鮭などに含まれる赤い色素成分。

 

美白効果の他に、コラーゲンの生成を助けます
また、とても強い抗酸化作用があり、強い日差しからお肌の組織や細胞も守ります。

 

 

油溶性甘草エキス(グラブリジン)

 

美白効果の他に、抗炎症作用があります。そのため、ニキビや肌荒れ有効成分としても有名です。

 

 

オウゴンエキス

 

シソ科の植物の根から抽出してエキスで、多くの漢方薬に使われている成分。

 

美白・日焼け予防効果の他に、消炎、収れん、保湿、抗菌、抗酸化効果と、様々な悩みに効果を発揮します。

 

 

活性酸素を除去する抗酸化成分入りの化粧品は、シミだけでなく、シワやたるみなどあらゆる悩みを解消してくれます。
抗酸化化粧品でケアをすれば、今後の加齢の速度を落とすことができます。

 

30代後半からは、美白ケアとエイジングケアが同時にできる化粧品を選ぶことをおすすめします。