敏感肌の場合の日焼け止め対策!紫外線吸収剤は使っちゃダメ?

 

日焼け止めには二つの成分があります。

 

それは紫外線吸収剤紫外線散乱剤です。

 

 

紫外線吸収剤とは?

 

紫外線吸収剤は、肌の上で化学反応を起こし、紫外線を吸収して肌に紫外線が届かないようにします。

 

ですが、肌への刺激が強く負担が大きいです。
市販の日焼け止めに配合されているものが多いです。

 

 

紫外線散乱剤とは?

 

一方紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で跳ね返します。

 

酸化チタンなど金属の粉を含んでいるものが多く、そのためお肌が乾燥しやすくなるというデメリットがありますが、お肌に優しいのがメリットです。

 

 

敏感肌の場合は、ノンケミカル&紫外線吸収剤フリーのものを!

 

上記2点から、敏感肌の場合は、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶと、肌トラブルもなく安心して使用できます。

 

それでもお肌が負けてしまう…という場合は、無添加やオーガニックのパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ね塗りするのがおすすめです。

 

パウダーファンデーションには、紫外線を反射してくれる紫外線散乱剤と同じ効果があるからです。

 

 

 

●関連記事

 

美白&シミ対策には、日焼け止めより〇〇がおすすめ!