クマに美白化粧品やアイクリームを使うのは間違いって本当?

 

「美白化粧品を使っているのに、クマが取れない…。」
「アイクリームでしかりケアしているのに、クマが取れない…。」

 

という方は多いと思います。

 

実はクマには3つの種類あって、その改善方法も全く違います。

 

クマのタイプごとに特徴とケア方法をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしてください。

 

 

クマには、「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」がある!

 

青グマの特徴

 

青グマは指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全に消えません。
メイクで隠すことができます。(オレンジ系のコントロールカラーを使います。)

 

原因は何?

 

寝不足や冷え性により血行が悪くなっています。
そのため、目の下の静脈が青く透けて見えることでできたクマです。

 

改善方法は?

 

まず、寝不足の場合は十分な睡眠をとりましょう。
それでも消えない場合は、運動やツボ押しを取り入れてみます。
ホットタオルで温めるのも効果的です。

 

また、漢方でいう瘀血(おけつ)体質が原因かもしれません。
漢方薬も取り入れてみても良いです。

 

参照・・・シミについてのQ&A相談室!これってあるある!シミを消す漢方薬ってある?

 

 

青グマは血行不良で冷え性の方が多いので、運動はウォーキングから。
1日中パソコンに向かっている方は、首や肩のストレッチを。

 

また、目の周りのツボを3秒押して離すを3セット行います。
目がしら、白目と黒目の外側の間の下、頬の高い所の3か所を押してみます。

 

 

メイクで隠すときはどうするの?

 

青グマはオレンジ系のコンシーラーやコントロールカラーでカバーします。
白浮きしてしまう場合は、肌の色より1段暗い色を混ぜてみると、自然にカバーできます。

 

 

黒グマの特徴

 

黒グマは影なので、上を向いたり指でひっぱったりすると薄くなります。
メイクで隠すことはできません

 

原因は何?

 

下まぶたの皮膚が老化でたるみ、影ができている状態です。
肌のコラーゲンを増やして、たるみを防ぐことが必要です。

 

 

改善方法は?

 

黒グマは下まぶたのコラーゲンの減少によるものです。

 

コラーゲンを増やすためには、レチノールが有効です。
レチノール配合の美容液やクリームをお手入れアイテムにプラスします。

 

また、美容成分を浸透させやすくするため、ピーリングも併用して取り入れていきます。
週に1~2回取り入れると、古い角質が取れ、コラーゲンの生成がスムーズになります。
レチノールの効果も高まります。

 

レチノールは光に弱く不安定なので、夜の使用が一般的です。

 

 

メイクで隠すときはどうするの?

 

黒グマは影なので、メイクでは隠れません。
無理にコンシーラーで隠そうとするとシワになり、余計に目立ちます。

 

そのため、黒グマから視線をはずす効果のあるメイクをします。

 

アイラインを太く入れる
チークを入れる
口紅を明るくツヤのあるものに替える

 

などで、視線を3か所に持っていかせることで、クマを目立たなくさせます。

 

 

茶グマの特徴

 

茶グマは色素沈着です。
指で皮膚を引っ張っても薄くなりません。
ですが、メイクで隠れます。(イエロー系の明るいコンシーラーやコントロールカラーを使用します。)

 

 

原因は何?

 

目をこするなど、刺激を与えることで色素沈着した状態です。
角質も硬く厚くなっているので、茶色くみえます。
美白ケアでメラニンを減らしたり、ピーリングで肌のターンオーバーを早めるのが効果的です。

 

 

改善方法は?

茶グマはメラニンです。

 

まずは、刺激を与えないために、目をこすらない、洗顔やクレンジングのときに目の周りをこする原因になるポイントメイクを控えるといった対策が必要です。

 

また、花粉症やアレルギーなどで目がかゆくなった場合にこすってしまうと茶グマや黒ずみの原因になります。
目のかゆみがひどいときは、眼科や皮膚科に行って、早めに相談されたほうが良いです。

 

かゆみ以外の場合は、美白化粧品とピーリングでケアをしていきます。

 

美白化粧品…メラニンの生成を抑えていきます。
ピーリング…ターンオーバーを早め、メラニンを排泄していきます。

 

 

メイクで隠すときはどうするの?

 

茶グマには、イエロー系の明るいコントロールカラーが効果的です。