紫外線によってシミができる流れと美白成分のそれぞれの働き

 

「紫外線で、メラニンが増えてシミができることはわかっている。
でも、どういう流れでシミができて、美白成分は何をしてくれるの?」

 

という方は多いと思います。

 

今回は、簡単に、

 

シミができる流れ
その流れでどんな美白成分がどんな働きをしてくれるのか

 

についてまとめてみました。

 

「私は、この部分をケアしていきたいのよね!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

1.メラニンをつくる指令が出る!

 

紫外線を浴びると、「メラニンを作れ!」という指令が出されます。
ここで、メラニン色素を作る「メラノサイト」のスイッチがON!になります。

 

ここで有効な美白成分

カモミラET

 

 

2.メラニンが作られます。

 

チロシンというアミノ酸に対して、メラノサイトにあるチロシナーゼがメラニン色素に替えていきます。

 

ここで有効な美白成分

アルブチン
コウジ酸

 

など多くの美白成分が、このチロシナーゼを抑えます。

 

 

3.メラニンが表皮細胞へ送り込まれる

 

メラノサイトで作られたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に上がっていきます。
これはターンオーバーを繰り返すことで上がっていきます。

 

 

4.シミになります。

 

刺激などが原因で、メラノサイトが活発になると、メラニン色素をどんどん生成します。
その結果シミとなり残ります。
また、ターンオーバーが遅いのもシミとなり残る原因に。

 

ここで有効な美白成分

ハイドロキノン
ビタミンC誘導体

 

また、定期的にピーリング化粧品でケアすることも、ターンオーバー周期が改善され、メラニンを追い出すことができるのでおすすめです。

 

 

 

美白は、シミ予防成分とシミ改善成分を合わせて使用する!

 

美白化粧品はたくさんありますが、シミができる段階を追って成分を見ていくと、1つの有効成分だけが入っているものを使用してもシミができてしまう可能性がでてきます。

 

なので、美白化粧品を選ぶときには、シミができる段階ごとにブロックしてくれる成分が入っているかどうかをしっかりチェックする必要があります。