医薬部外品で使われている美白成分の種類。一番効くのはどれ?

医薬部外品が一般的な化粧品と違うところは、

 

認められた有効成分がしっかり入っているところ。

 

なので、「医薬部外品」化粧品は、美白化粧品を選ぶ際の重要な選択基準になります。

 

今回は、医薬部外品で使われている美白成分をまとめてみました。
ぜひ、美白化粧品選びの参考にされてみてくださいね(*^_^*)

 

 

ハイドロキノン

 

肌への刺激が強いことから、日本での使用は禁止されていましたが、2001年に化粧品にも配合してもいいことになりました。

 

ですが、欧米では、「美白=ハイドロキノン」と言われているほど人気成分。
チロシナーゼを抑える高い効果がありますが、濃度が高すぎると肌への刺激も高くなります。

 

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。
抗酸化作用があり、シミの他にニキビの炎症を抑えたり、毛穴の開き、シワなどのエイジングケアにも効果的です。

 

 

アルブチン

 

コケモモから抽出された成分で、メラニン色素に作用するチロシナーゼを抑える効果があります。

 

 

コウジ酸

 

みそやしょうゆなど、麹菌由来の成分。
アルブチン同様、チロシナーゼを抑える効果があります。

 

 

エラグ酸

 

いちごから抽出された成分。チロシナーゼを抑える効果があります。

 

 

ルシノール

 

もみの木に含まれる成分をヒントにして作られた成分。
チロシナーゼを抑える効果があります。
また別名4-nーブチルレゾシノール。

 

 

リノール酸

 

紅花油など、植物油から抽出された成分。チロシナーゼを抑える効果があります。

 

 

カモミラET

 

ハーブのカモミールに含まれる成分。
抗炎症作用があります。

 

 

mートラネキサム酸

 

抗炎症剤として使用されてきたトラネキサム酸を美白成分として開発した成分。

 

 

4MSK(4-メロキシサリチル酸カリウム塩)

 

ターンオーバーを正常化させシミを追い出す働きがあります。
また、メラニンを抑える効果もあります。

 

 

エナジーシグナルAMP

 

シミ、ソバカスの根本的な原因である、細胞とエネルギー代謝の低下に着目して開発された成分。

 

 

マグノリグナン

 

チロシナーゼの成熟を阻害する働きを持つ成分。

 

 

プラセンタエキス

 

豚の胎盤から抽出された成分で医薬部外品として認定されているのは豚プラセンタのみ。
チロシナーゼを抑える効果があります。

 

 

D-メラノ

 

ナイアシン(ビタミンB3)のこと。
メラニンの過剰生成を多方向から抑え、メラノサイトから表皮細胞の受け渡しをブロックします。

 

 

ロドデノール

 

白樺の樹皮に含まれる天然成分。
チロシナーゼの活性を阻害し、メラニン生成を抑えます。
また、メラニンの中でも黒色メラニンの生成を優先的に抑えてくれます。

 

 

TXC

 

トラネキサム酸セチル塩酸塩の略称。
メラニンの過剰な生成が始まるときにおこる連鎖反応を止める働きがあります。

 

 

油溶性甘草エキス

 

別名グラブリジン。
甘草という漢方薬から抽出した成分。
消炎作用もあります。

 

 

美白成分は、人によって相性があります。
そのため、「どの成分が効いて、どの成分が効かない」と優劣をつけるのは難しいです。

 

手間はかかってしまいますが、自分で試して確認しながら選んでいくのが一番良い方法です。