炎症性色素沈着を消すには?ビタミンCとピーリングが効くって本当?

ニキビや傷の跡、お肌に合わないスキンケアを続けた結果できてしまうシミです。

 

  • ニキビや吹き出物、傷や虫刺されの跡がなかなか治らない
  • ニキビや吹き出物ができやすいのですっぴんで過ごしてきた
  • コットンで強くふき取るなど、肌をこするケアをしている
  • 肌をこするような強いマッサージを定期的に行っている

 

この項目に当てはまる方は、炎症性色素沈着の可能性が高いです。

 

 

炎症性色素沈着とは?

 

頬やあごにかけてできるニキビは、特に炎症性色素沈着になりやすいです。
また、ニキビができているときに紫外線を浴びて日焼けすると、さらに沈着します。

 

足や腕にできた虫刺されの跡が茶色いシミのようになってしまうのも、この炎症性色素沈着です。

 

また、肌をこする習慣のある方は、慢性的な炎症を起こしている可能性があります。
肌は強い刺激を受けると、自分の肌を守ろうとしてメラニンを生成するので、それがくすみや黒ずみ、地黒の原因になります。

 

また、肌に合っていないのに、その化粧品を使い続けた場合も、ずっと炎症を起こしている状態なので、そこから色素沈着に発展している方も多いです。

 

このシミは、時間はかかりますが、炎症の原因を取り除くことで改善されることも多いです。
ですが、炎症中に日焼けをしてしまうと、そのまま残ってしまうこともあります。

 

 

予防方法ってある?

 

とにかく炎症を起こすような刺激を与えるのを止めることです。

 

具体的には、

 

肌を強くこすらない
コットンを使わない
ゴマージュやピーリングの使用頻度を減らす
ニキビや傷ができたときは、上から無添加のパウダーやファンデーションを重ねる
もう一度、基礎化粧品を見直す

 

などが挙げられます。

 

 

化粧品でのケアはどうすればいい?

 

まずは、美白化粧品でお手入れしてみることをおすすめします。

 

お肌が弱い方、成分が心配な方は、無添加成分の多い化粧品やオーガニック化粧品から始められても良いですし、トライアルセットがある美白化粧品はとても多いので、そちらから始めてみてもいいですね。

 

 

その他に、有効なケアはある?

 

炎症性色素沈着には、定期的なピーリングが一番即効性があると言われています。

 

また、ビタミンCイオン導入もおすすめです。

 

このシミには短期で効果があるレーザー治療は効きません
そのため、最低でも数か月はかかることを覚悟しておく必要があります。