肝斑って?美白化粧品やトラネキサム酸、漢方でも治せるって本当?

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因です。

 

  • 30代後半~50歳近くになって、突然できた
  • 頬骨の高いところに左右対称にできている
  • ベタッとした平べったい広いシミ
  • 薄茶色または灰色で、夏に少し濃くなるような気がする
  • 妊娠中、ピル服用中、更年期にできた
  • ストレスを感じることが多い
  • 生理前に濃くなるような気がする

 

に当てはまる項目が多い方は、肝斑の可能性があります。

 

 

肝斑(かんぱん)とは?

 

シミ=紫外線というイメージがありますが、肝斑だけは、女性ホルモンの影響でできるシミです。

 

広くハケで塗ったようなシミなので、ポツポツしたものや丸いものは肝斑ではありません。
また、頬に左右対称にできるものが一般的ですが、額や鼻の下にできることもあります。

 

 

予防方法ってあるの?

 

女性ホルモンを正常にすることが目標です。

 

そのため、生活習慣を見直す必要があります。
質の良い睡眠、バランスのとれた食事、ストレス解消などを心がけることが大切です。

 

また、紫外線や更なるストレスで濃くなって悪化することもあるので、紫外線対策と早急にストレス解消法をみつける必要があります。

 

 

化粧品でのケアはどうすればいいの?

 

美白化粧品は肝斑には有効です。
さらにピーリングを取り入れると高い効果が期待できます。

 

アルブチン、油溶性甘草エキス、コウジ酸、ハイドロキノンは、美容皮膚科でも処方されているので、美白化粧品もそれらの成分が入ったものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

その他に有効な方法ってあるの?

 

肝斑には、レーザー治療は向いていません。

 

女性ホルモンの乱れという体内からきているシミなので、トラネキサム酸配合の内服薬を数か月使用することで、薄くなる方が多いようです。
市販のものもあるので、お試ししてみても良いですね。

 

ただ、トラネキサム酸は、止血剤なので、血栓や動脈硬化がある人の場合は、服用はできません。
そのため、1~2ヶ月服用して効果が見られなかった場合は、飲用を中止し、他の方法を探したほうが良いです。
また、「桂枝茯苓丸」という漢方薬が有効な方もいます。